ボーイズリーグとは、少年硬式野球の団体の一つで、正式名称は公益財団法人日本少年野球連盟と言います。

鶴岡一人氏の主導により1970年に大阪市で28チームの少年野球団でスタートしましたが、いまでは北から南まで全国38支部、小・中学生の部併せて約677チームの大きな組織に発展しました。


2013年1月には内閣府より公益財団法人の認定を受け、正式名称が公益財団法人日本少年野球連盟に変わりました。(愛称;ボーイズリーグ)

ボーイズリーグは創立以来、野球を愛好する少年たちに正しい野球のあり方を指導し、野球を通じて次代を担う少年の健全育成を図る」ことを目的に掲げ、活発な活動を展開しています。
そしてその活動内容は毎年、春と夏に全国大会を開催する他、世界少年野球大会、日中、日韓親善試合などの海外交流にも力を入れており、各ブロックでの地区大会は年間100大会にも及んでいます。

 

【チーム概要】

設立:
  昭和50年 小学部結成
  昭和51年 中学部結成

所属:
  (公財)日本少年野球連盟 関西ブロック 大阪中央支部
  (公財)大阪体育協会 大阪府スポーツ少年団

部員数:
  23名(平成30年5月現在)

沿革:
  大阪鴻池ボーイズのあゆみへ

基本方針:
大阪鴻池ボーイズは、日本少年野球連盟の指導方針を基本として、大阪鴻池ボーイズの少年(中学生)が、高校・社会にでて立派に通用するように以下に重点を置いて、育成に努めます。

 ① 文武両道
 ② 大きな声で挨拶!、言葉づかい・返事が普通にできる少年
 ③ 野球技術のレベルアップ
 ④ 硬式野球を通じて仲間の輪を広げる
 
 
 
 

【活動費】  (平成23年度参考)
  入会金(入団時のみ) 5,000円
  選手登録(1年目のみ) 2,000円  
  団体保険(1年目のみ) 800円  
  保護者団体保険(年払い) 父 1,850円
母  800円
 
  部費(毎月)
  ※母子・父子家庭割引あり
10,000円  
  保護者会費(1家庭/毎月) 4,000円  
    ※詳細は会則を参照ください   
  【大阪鴻池ボーイズ会則】    
  【大阪鴻池ボーイズ保護者会規約】  
  【選手 用品】    
  【保護者 用品】    
  【練習場所】
浜公園・深野中学・龍間球場他
チーム装備 
マイクロバス

試合会場への選手移動は大阪鴻池ボーイズ所有のマイクロバスで行います。
チーム全体で移動することで、試合前から連帯感を高めることにも役立ちますし、ご父兄のご負担も軽減できることにも役立っています。
もちろんバスの清掃は選手の仕事です。勝って帰ってきたときも、負けたときもバスの掃除が完了して一日が終わります。
 
 
AED

硬式野球は、字のとおりボールが硬いだけに怪我には十分な注意が必要です。
大阪鴻池ボーイズでは不測の事態に備えてAEDを準備しています。
使わないにこした事はないですが、チームとして安全には十分配慮した上での備えです。
ピッチングマシン

バッティング技術の向上は、正しいフォームで数多くボールを打つことです。
そのためには、ピッチングマシンは欠かせません。
大阪鴻池ボーイズでは3台のマシンを所有しています。
 info@k-ocean.net







   
本サイトに記載されている記事・画像等の無断複製、転載を禁じます。 Copyright © 2010 Kounoike Ocean Boys All Rights Reserved.